AGA治療に用いられる医薬品について

AGAとは男性型脱毛症のことをあらわす言い方で、男性特有の症状となります。

30代から50代の男性に多くみられる症状と言われており、特徴としては頭頂部などの髪の毛が薄くなることが挙げられます。

原因としては男性ホルモンや遺伝的なものだと考えられており、AGAが進行することで脱毛する範囲が広がっていきます。


AGA治療としては経口タイプの医薬品と、外用タイプの医薬品があります。


経口タイプの育毛剤は、体内から脱毛の原因となっているものを除去する効果のある医薬品を使用します。


一般的には塗布タイプの医薬品と比較したときに、吸収率が高い特徴があります。

塗布タイプの育毛剤については、毛穴から直接的に栄養素を送り届けるものや、血行を促進させる作用があるものが使用されます。

経口タイプと塗布タイプの医薬品を併用することも可能ですが、内服薬を入手するためには医師の処方が必要となるために、専門の医療機関を受診して手に入れることになります。



近年ではAGA治療が受けられる医療機関が増えていますので、治療薬として処方してもらえます。



日本で認可を受けている治療薬としては、プロペシアが有名となっており、薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑制させる効果が得られます。

BIGLOBEニュース全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

AGA治療薬の処方は保険の適用外の医療行為となるために、自由診療として受ける必要があります。

保険が適用されないので一定の費用を支払う必要があることから、どの程度の費用がかかるのか事前に医療機関に質問しておくことがおすすめです。